So-net無料ブログ作成

演劇公演情報

ファルスシアター 第15回公演
「ファニー☆マネー~FUNNY MONEY~」
(作:レイ・クーニー 訳:小田島恒志 演出:遠藤隆之介)

2010年12月23(木・祝)~26(日)   
シアターグリーン BASE THEATER

♪日程♪
23(木) 14:00&19:00 /24(金) 14:00&19:00
25(土) 14:00&19:00 /26(日) 15:00のみ
受付は開場の60分前より、開場は30分前よりとなります。

♪チケット情報♪
前売り:一般2500円/当  日:一般2800円 
高校生以下:1000円(学生証提示)/リピーター:1000円(半券提示)

チケット・その他お問い合わせ
farce_theater@yahoo.co.jp

イングランドプレミアリーグ 07-08シーズン最終結果 [サッカー]

今年は例年になく、優勝争いも残留争いも大混戦で迎えた最終節。
もちろん全てのゲームが同日同時刻の開催。
(5分程度のずれは出てしまいますがね。)

では、まず結果から
最終節結果.jpg

まずは、優勝争いの一戦を時間経過を追いながら。
ゲームはほぼ同時刻に開催。
スタートからチェルシーは押し気味にゲームを展開しました。

一方のマンチェスター・ユナイテッドは失点を恐れてかなり引き気味。
攻撃を、クリスティアーノ・ロナウドとルーニーに任せて、ほとんどが引いた状態。
それに乗じてウィーガンが攻め込みますが、一向に攻め切れません。
当然といえば当然の結果。
攻め切れるなら、下位にいません。

チェルシーは、ゴール前を6・7人で固めるボルトンに苦戦します。
試合直前にセンターバックのリカルド・カルバーリョが欠場となり、高さ的にも攻め手がありません。
そこへ前半14分にチェルシーに災難が襲い掛かります。
自陣ゴールでテリーと相手FW、それとツェフが三つ巴の交錯。
この時、テリーの左腕がツェフと相手FWの身体の間に挟まってしまい、そのまま交代退場。
これにより、テリーの高かさとセンターバックを失うことに。
テリーに代わって入ったのはサイドバックのベレッチ。
ベレッチは右サイドに入って、CBにはこの日SBをやっていたエシエンが入る緊急事態。
このあと、何度もボルトンの白い壁に襲い掛かりますが、時には10人で守るボルトンゴール前をこじ開けることが出来ません。

そうこうしているうちに、30分を過ぎた頃スタンフォード・ブリッジにざわめきが。
マンチェスター・ユナイテッドがPKを得、それをクリスティアーノ・ロナウドが決め先制。
これで、クリスティアーノ・ロナウドは現在の年間38試合になってから、95-96シーズンにアラン・シアラーが記録した、年間最多得点31点にこれで並んだ。
しかし、これで流れが変わるかに思われたが、その後も攻めるのはウィーガン。
マンチェスター・Uは引き気味。
どうも『1点を守るぞ』という気持ちが強すぎる気がする。
確かに、このウィーガンの攻勢が90分間持つとは思えなかったが、しかしである。

両試合とも、このまま前半が終了。
勝ちが絶対に必要なチェルシーは、後半開始と共にマケレレに変えてシェフチェンコを投入。
2トップに。
その後も攻め続けるが、なかなか白い壁を突き破れず。
再三再四攻めるも、最後の部分で白い壁が立ちはだかる。
ようやく突き破ったのは後半17分、途中出場のシェフチェンコがゴール前に入ってきたボールを大混戦の中で足に何とか当ててゴール・ゲット。
この時点で、勝ち点ではマンチェスター・Uに並んだ。

一方のマンチェスター・Uは、相変わらずのらりくらりとしたゲーム。
時にヒヤッとするシュートを受けることもあったが、凌いでいるという感じ。
ウィーガンの集中力が切れるのを待っている感じであった。

そして、そのときは訪れた。
後半35分、ルーニーがサイドに開いてゴールを受けたとき、中央にいた途中出場のギグスのDFが完全に外れてどフリーに。
そこにルーニーが絶妙のスルーパスを入れて、これをきっちりギグスが沈めて勝負あり。
このあと、何度もウィーガンにゴール前に攻め込まれるがきっちり跳ね返して試合終了。
この時点でリーグ連覇達成。

一方のチェルシーは奮戦むなしくリーグ奪取ならず。
その上、最終的にはロスタイム、ボルトンの蜂の一刺しにやられドロー。
結局、勝ち点でも差をつけられ2位に。
テリーも腕をやられ、リカルド・カルバーリョ、パウロ・フェレイラとともにチャンピオンズ・リーグの決勝での出場はかなり微妙に。


その他の結果、ボトム3は結局全てのチームが勝ってバーミンガム、レディングが降格。
時間と共にコロコロ変わる降格チームの変遷に各スタジアムが一喜一憂。
最終的に残留したフラムはラスト10試合を5勝3敗2分けで勝ち点17を稼いだ計算に。
一方のバーミンガムは、ラスト10試合2勝5敗3分けで勝ち点9。
レディングは3勝5敗2分け、勝ち点11。
この辺りが、残留と降格の差をかけた結果に。
では順位表。

最終結果.jpg


最終順位は上記の通り。
ダービーは、05-06シーズンにサンダーランドがつくったリーグ最低記録(勝ち点15)を更新し、プレミアリーグワースト記録で2部へ逆戻り。

UEFAカップの出場権はエバートンへ。
フェアプレー枠での出場はマンチェスター・シティかフラムのいずれかとなりそう。
(現状ではマンチェスター・シティ)
それ以外にカーリングカップ優勝のトッテナム。
それと17日に行われるFAカップ決勝(ポーツマス対カーディフ)の勝者が出場へ。

今シーズンのプレミアリーグもこれで終了。
ここからは移籍市場を注視すると共に、5月21日のチャンピオンズリーグ決勝、マンチェスター・ユナイテッド対チェルシーの試合で今シーズンを締めるとしましょう。

nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 1

男なら

レスありがとう。詳細はこれです(*´ω`)♂ http://www.l7i7.com/
by 男なら (2012-01-25 17:20) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

Bechsteinの由無し事 in tabelog

食べログ グルメブログランキング

 

 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。